蛭子能収が患っている「レビー小体型認知症」はどんな病気(認知症)?

メディア

漫画家でタレントの蛭子能収さんがテレビ番組で専門医を受診し、初期の「レビー小体型認知症」「アルツハイマー型認知症」の合併症であることが発表されました。「レビー小体型認知症」はアルツハイマー型に次いで多いと言われる認知症だが、どのような病気なのか、よくわからない方が多いと思います。

「レビー小体型認知症」とはどんな病気?

 認知症は記銘力(新しく体験したことを覚える能力)や記憶力、判断力などの認知機能に障害が出ることが主な症状で、その中でもっとも多いアルツハイマー型に次いでこの「レビー小体型認知症」が多く、「脳血管性認知症」と合わせて「三大認知症」がよく聞く名前と思います。

「レビー小体型認知症」の原因は?

 脳の神経細胞に「レビー小体」という特殊なタンパク質の塊ができて、認知機能に障害が出てきます。脳に「レビー小体」が生じることで引き起こされる病気には、大脳皮質(だいのうひしつ、大脳半球の表層をいう)に広く沈着する「レビー小体型認知症」と、脳幹(のうかん、大脳半球と小脳を除いた脳の根幹をなす部分)に沈着するパーキンソン病があります。

 長期記憶と短期記憶では記憶に関わる脳の部位が違うと言われ、一般的な認知症は記銘力、つまり「今朝何を食べたか」「昨日何を行ったか」といった短期記憶から失われていきます。ところが「レビー小体型認知症」では、実際には見えないものが見えたり、起きていないことが起こったりという幻視幻覚、興奮したり怒りっぽくなったりするなどの異常行動、レム睡眠中に夢の内容に関連した異常行動が見られるレム睡眠行動障害が出るようになります。症状の現れ方に違いがあるため、認知症だと認識されにくいこともあります。
そのため、医師の診断も専門の医師以外の判断が難しいこともあります。

「レビー小体型認知症」の症状は?

 幻視や幻覚、妄想、異常行動、レム睡眠行動障害のほかに、日や時間帯によって状態の良い時と悪い時がある認知の変動、抑うつ症状、自律神経症状、手が震えたり身体や表情が硬くなったり、突進して止まれなくなるなどのパーキンソン症状などがあります。

「レビー小体型認知症」の検査と診断は?

 かかりつけ医では主に「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」を行います。そのほかにMRI脳血流SPECT(スペクト)などの画像検査があるため、地域の認知症疾患医療センターに紹介して診断してもらいます。
愛知県で最も有名な機関は、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターです。

「レビー小体型認知症」の治療は?

 認知機能の低下や変動、幻視や幻覚などの症状にアルツハイマー病の治療薬、パーキンソン症状にはレボドパ製剤など、現れる症状に合わせた薬物療法を行います。「レビー小体型認知症」の人は抗精神病薬への感受性が高いと言われ、複数の治療薬の作用が拮抗することもあります。

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー